YouTuberのための百科事典

YouTuber向けに情報発信をしています。YouTuberにとって必要なすべての情報を提供できるよう、日々更新しています。

限定公開は危険!YouTube動画を特定の人だけに見せる方法

YouTubeにアップロードした動画を、特定の人のみに安全に見せる方法をご紹介します。

間違った方法をとると、一部の人のみに公開したつもりが、気が付けばSNSで炎上していたり、多くの人に知れ渡ってしまっていたりするリスクがあるため、正しく理解し、使い分けるようにしましょう。

 

f:id:step-pedia:20200607035054j:plain



 

 

特定の人に動画を共有する2つの方法

 

動画の公開範囲の設定は、公開、限定公開、非公開、公開予約の4パターンから選択することができます。公開設定についてはこちらの記事で解説しているので、参考にしてください。

 

このうち、YouTubeにアップロードした動画を、全体に公開せずに、特定の人のみに動画を見せる方法は、

 

① 限定公開に設定し、特定の人に動画URLを共有する方法

② 非公開に設定し、特定の人にのみアクセス権を付与する方法

 

の2つがあります。

 

限定公開に設定し、特定の人に動画URLを共有する方法

この方法は、動画のアップロード時に、限定公開に設定し、動画のURLを共有相手に送付するだけなので、とても簡単な方法です。

 

そのため、特定の人のみに動画を共有する際、①の方法を使ってしまう方も多いかもしれません。

 

しかし、限定公開に設定し、特定の人に動画URLを共有する方法(の方法)は、動画のURLさえ知っていれば、誰でも動画を視聴できる状態となってしまいます。

 

そのため、動画URLがSNS上で共有されたり、ブログの記事に掲載されるなど、何らかの形で流出した場合、直ちに誰もが動画を見ることができる状態になってしまうのです。

 

また、限定公開は、原則としてGoogle等のサーチエンジンの検索結果に表示されませんが、次の場合は、表示されてしまいます

 

限定公開した動画がGoogleの検索結果に表示される場合

・公開した後に限定公開に変更した場合

・誰かが動画URLをSNSやBlog等に書き込んだり、埋め込んだ場合

 

一度公開すると、Google等のサーチエンジンの検索結果に表示される状態となり、その後限定公開に変更した場合でも、動画のURLは変わらないため、キャッシュが残っており、検索結果に表示され続ける可能性があります。これを避けるには、一度動画を削除し、アップロードしなおすという方法をとるしかありません。

 

また、公開したことのない場合でも、SNSやBlog等に誰かが書きこんだ場合や、動画を埋め込んだ場合には、Google等のサーチエンジンの検索結果にも表示される状態となってしまいます。

 

このように、限定公開は、意図せず第三者に対して拡散されてしまうリスクがあります。この特性を知ったうえで、例えば、公開する前提の動画を事前にYouTube上で確認するなど、有効に活用する方法もあります。

 

しかし、[限定公開]の意味をよく知らないと、思わぬ形で動画が世間の目にさらされてしまうことになるので、注意しましょう。

 

非公開に設定し、特定の人にのみアクセス権を付与する方法

これに対して、非公開に設定し、特定の人にのみアクセス権を付与する方法(②の方法)を使えば、動画URLを知っていても、アクセス権を持っていなければ動画を視聴することができません

 

そのため、不用意な拡散リスクをとることなく、動画を特定の人に共有することが可能になります。

 

仮に、動画のURLが流出・拡散されてしまっても、アクセス権がない人が動画にアクセスすると、以下のような画面となり、動画を視聴することができません。

 

f:id:step-pedia:20200607022014p:plain

出典:YouTube

 

なお、非公開動画にアクセス権を付与するためには、共有相手のGoogleアカウントのメールアドレス(●●@gmail.com)が必要となります。

  

相手のメールアドレスを知らない場合は、[限定公開]に設定し、動画URLを共有する方法しかありません。既に述べた通り、[限定公開]は動画のURLを知っている人であれば、視聴することができるようになるので、URLの取り扱いには注意が必要です。

 

非公開設定の動画に対するアクセス権の付与手順

非公開設定の動画に対するアクセス権の付与の手順については、こちらの記事をご参照ください。

このページへチップを贈る