YouTuberのための百科事典

YouTuber向けに情報発信をしています。YouTuberにとって必要なすべての情報を提供できるよう、日々更新しています。

【YouTube使い方講座】3分でタグとハッシュタグの違いを理解する!

 

この記事では、タグとハッシュタグの違いについて説明します。

 

こんな方におススメ!

・そもそも「タグ」「ハッシュタグ」って何?

・YouTubeにはタグとハッシュタグがあるけど、片方だけ設定すればいい?

・YouTubeのタグとハッシュタグは、両方同じものをつければいい?

 

f:id:step-pedia:20200511233253j:plain

 

 

 

 

そもそも「タグ」「ハッシュタグ」って何?

「タグ」というのは、もともと荷札や付箋といった意味をもつ英単語で、ITの分野においては、動画や写真、記事など、インターネット上のコンテンツの目印として設定するキーワードのことを「タグ」と言います。

 

このタグをつける行為のことを、「タグ付け」といいます。

 

そして、「ハッシュタグ」というのは、「タグ」の一種で、さまざまなインターネット上のサービスにおいて、タグ付けの際、キーワードの前に「#(ハッシュ)」をつけることから、「ハッシュタグ」と呼ばれます。

 

インスタグラムやツイッターなどにも存在する機能ですね。

 

そして、YouTubeでは、「タグ」機能と、「ハッシュタグ」機能の二つが用意されています。

 

以下の動画投稿画面の①の部分に入力するものが「ハッシュタグ」で、②の部分に入力するものがが「タグ」です。

 

f:id:step-pedia:20200511235824p:plain

出典:YouTube

 

これらは、いずれもコンテンツの内容等を示す目印ではありますが、それぞれ機能が少しづつ異なります

 

YouTubeにおける「タグ」とは?

YouTubeにおける「タグ」とは、YouTubeに対して、動画内容を認識してもらう役割を担うものです。

 

動画にタグを設定することで、同じタグが設定された動画の関連動画に表示されやすくなります

 

そのため、動画にどのようなタグが設定されているかは、視聴者からは見えません

 

 

ハッシュタグとは?

YouTubeにおける「ハッシュタグ」とは、主に視聴者に対して、動画内容を認識してもらう役割を担うものです。

 

ハッシュタグはリンクになっていて、クリックすると、同じハッシュタグが付いた動画を検索することができます

 

ハッシュタグを設定しておけば、同じキーワードのハッシュタグで検索している人に、動画を視聴してもらいやすくなります

 

ハッシュタグは、動画の内容を視聴者に認識してもらいやすくなり、また、検索することもできるので、視聴者から動画を検索で見つけてもらいやすくなります

 

まとめ

タグは、動画の内容をYouTubeに認識してもらうことで、関連動画に表示されやすくするものであるのに対し、ハッシュタグは、動画内容を視聴者に認識しやすくすることで、視聴者に検索時に見つけてもらいやすくします。

 

・そもそも「タグ」「ハッシュタグ」って何?

  :コンテンツの内容を示す「目印」のようなもの。

・YouTubeにはタグとハッシュタグがあるけど、片方だけ設定すればいい?

  :両者の機能は異なり、どちらも、再生回数を稼ぐうえで重要な役割を担っているので、片方だけでなく、両方設定するべき。

・YouTubeのタグとハッシュタグは、両方同じものをつければいい?

  :機能が異なるため、同じものでもよい。ただ、同じである必要もないので、上記の機能の違いを踏まえ、工夫してみる余地もある。

 

なお、「タグ」と「ハッシュタグ」 は、それぞれ設定するうえで守るべきルールがあります。

 

詳細は、以下の記事にまとめていますので、参考にしてみてください。

 

YouTube動画への「タグ」の設定はこちら

YouTube動画への「ハッシュタグ」の設定はこちら

このページへチップを贈る